田舎暮らしに関する情報が満載!

セカンドライフを自給自足で田舎暮らしをするには

セカンドライフを自給自足で田舎暮らしをするには セカンドライフを自給自足で田舎暮らしをするには大切なことがあります。
それは何でしょうか?それは、しっかりと計画を立てることです。
計画すべきことはたくさんありますが、たとえばどこに住むかということです。
「田舎だったらどこでも良い。
空気がきれいであれば特に場所にはこだわらない」という人がいますが、これまで長年住んでいた土地をある程度年齢がいってから移動すると身体を壊す場合があります。
それで、自分たちにはどんな気候が合うのかをよく考えて場所を決めましょう。
候補地があるのであれば前もって下見に行くと良いでしょう。
さらに大切なことは、農業や畑の知識です。
土に種を撒けば勝手に芽が出てきて収穫できると考えるのは間違いです。
良い土を選ぶこと、肥料や水をきちんと与えること、台風や大雨の時には支えをつけたり覆いを付けたりして対策をとることが必要です。
田舎暮らしをする前にインターネットなどで調べることができますし、近くに畑を貸してくれるようなところがあれば前もって畑仕事に慣れておきましょう。
田舎暮らしは慣れるまではいろいろと不便がありますが、セカンドライフを空気がきれいな田舎ですごすことが出来るのはとても素晴らしいことです。
ぜひ、田舎暮らしを楽しみましょう。

のんびりとした田舎暮らしの利点

のんびりとした田舎暮らしの利点 あなたの街では星はきれいに見えますか? 田舎暮らしの利点の一番は空気が澄んでいることです。
普段ネオンや街頭、車のライトなどたくさんの電気に囲まれてすごしていると 夜空を見上げた時星はかすかに瞬くだけです。
田舎暮らしをしていると星が近くに見え、手が届きそうに感じます。
田舎の人たちは時間を使うのが上手だと言われてます。
それは通勤時間が少ないという利点があるからだと考えられます。
東京都への通勤時間の平均では、「1時間以上」がもっとも多く田舎に行くと 平均「15分程度」が一番多くなります。
時間を使うのが上手ではなく、実際、通勤時間などで時間に追われることになります。
田舎ではほぼ、車での通勤になりますので通勤の差ができるということです。
そして何よりの利点はたくさんの自然にかこまれてすごせることです。
田舎に住むと家庭菜園をすることも可能です。
なぜならば、坪単価が安いということが考えられます。
やすい土地の住むと坪単価が数千円というところもあるくらいです。
家庭菜園の楽しみは四季折々の無農薬野菜を楽しめるところにあります。
自分で育てたものを、自分で食す楽しみも格別です。
自然にかこまれのんびり過ごす、そんな贅沢が出来るのが田舎暮らしの利点ともいえますね。

田舎暮らし関連サイト

房総ならではの田舎暮らし物件をはじめ古民家・リゾート・住宅・土地など様々なライフスタイルを提案してくれます。

千葉 田舎暮らし